導入企業様インタビュー

アサヒグループ共済会

キックオフセミナー
ここでしか得られない「本当の気付き」を。

━━━キックオフセミナーとは、どのようなセミナーなのでしょうか?

  • このセミナーは、毎年全国で実施しています。「キックオフ」と言う名前は、45歳以上を対象にしていることから、「セカンドライフに向けての準備を開始する」年齢と位置づけこの様な名前になったんですよ。
  • アサヒビールを含めた会員の構成を調べてみると30代の方が多い地区や、グループ会社が増えてきていることが分かったんです。そこで、若手向けは各事業所単位でセミナーの実施を推奨していますが、共済会が全社的に働きかけているのが、このキックオフセミナーなんです。
  • Jitukawa.JPG

━━━このセミナーの特長を一言で言うと?

  • 単に「年金について学ぶ」等は、いつでも可能です。このセミナーはライフプランだけでなく、キャリアを含め今後の人生全体をデザインしていただき、会社の制度を含めた「ここでしか得られない」情報や気付きを提供できることがポイントです。
  • それと、夫婦で参加できることも特長でしょうか。
  • ただ、45歳を超えて「会社の制度を知りたい」「将来のことを考えたい」という関心はありながらも、未受講のまま埋もれてしまっている方がいらっしゃるのも実態です。よって当初45歳のみを対象としていましたが、45歳以上としました。まだまだ未受講の方がいらっしゃいますので、そこをすくい上げることが今後の課題ですね。

━━━夫婦参加で「キャリア」が組み込まれているのは、大きな特長ですね。

  • キャリアと言っても、一般的に言う所謂キャリアではないんです。お金以外にも「準備を開始」いただくこととして、家族や友人との関係、趣味や健康、それにもちろん仕事の要素も入る「ライフキャリア」です。例えば退職後にどこで誰と何をして過ごしたいのか。をイメージしながら、お金とそれ以外のことも同時に準備をはじめることの大切さが分かる内容ですね。

━━━受講者に望むことと、課題視されていることを教えてください。

  • 受講者へは、せっかく苦労して描いたライフデザイン・キャリアデザインを具体的な行動に移して欲しいと思っており、今後は受講者へのフォローアップも検討しているところです。
  • また、課題はグループ共済会故に、アサヒビールの各種制度と異なる企業からも多くの受講者がいるため、各社の退職金制度や給付内容まで、詳細な情報を伝え、自分化できると良いと考えています。

━━━最後に今後のビジョンを教えてください。

  • まず、45歳を迎える会員が全社で必須受講となることですね。そして30代へとその輪を広げていきたい。このような活動をきっかけに、意識の高い社員や、自助努力を率先して行動に移せる方を増やしていきたいと思います。